さようなら大津。

2015-12-10 0:48 活動記録


「生きた保存」を目指して12年あまり。

2015年11月30日、牽引されながら石山坂本線のレールを踏みしめ、京阪80形82号は大津から旅立ちました。

20151129-01

82号に乗ろう!

2007-10-31 0:00 活動記録


NPO法人京津文化フォーラム82では、京阪電車の「大津線感謝祭」に本年も協力し、保存車82号を公開いたします。

完全な形で現存する唯一の80形電車である82号車は引退以来、静態保存車では「常識」である機器の撤去・固定等の処置をとらず、電気さえあれば理論上はいつでも自走できる「生きた保存」を行っています。これまでの公開時においても、車内放送等を復活させてきました。

今回は引退後10年を迎えるにあたって、一部機器の可動化を目指して整備し「生きた保存」のコンセプトを一歩進めます。その上で、構内入換車に牽引される「動く80形」の体験乗車ができます。

京津文化フォーラム82は「保存(keep being)から『保活(keep alive)』へ」をコンセプトとして、可能な限り現状に近い形での電車の保存、および保存電車を活用した文化発信を行うNPO法人です。 これまで、2度にわたって82号車内で車内の現代美術展(インスタレーション)を実施したほか、大津線公式webサイト「keihan-o2.com」の製作、沿線の学生の共同による営業列車での作品展示およびインスタレーション「石坂線文化祭」のコーディネイト(2回)など、電車・駅と沿線、芸術文化にかかわる日本初の試みを多数実施しています。

大津線感謝祭にて82号車を特別公開!

2004-10-24 0:00 活動記録


NPO法人京津文化フォーラム82では、2004年10月24日(日)に京阪電車・錦織車庫で開催される「大津線感謝祭」に協力し、82号車を特別公開いたします。

トークショウを今年も実施するほか、「大津線カルトクイズ」を行い、ご来場のお客さまと82号の車内で盛り上がります。さらに、京津線に関するお宝映像の上映や、各種資料の展示も行います。

今年のトークショウは、ふるさと鉄道保存協会理事長で、貨物鉄道博物館副館長も務める笹田昌宏さんをお招きします。

京阪電車大津線 公式ウェブサイト「keihan-o2.com」オープン!

2004-06-01 0:00 活動記録


特定非営利活動法人京津文化フォーラム82では、京阪電気鉄道株式会社大津運輸部からの依頼を受け、大津線公式ウェブサイトの制作に取り組んでおりましたが、6月1日にグランドオープンの運びとなりましたので、お知らせ申し上げます。この受注は、当フォーラムの独創的なコンテンツ創造力、ウェブデザインの実績、そして何よりも大津線への理解や愛情の深さが評価されてのもので、大津運輸部の「市民との協働」の試みの一環でもあります。

「従来の鉄道会社にないサイトを構築する」とのポリシーのもと、「洗練のデザイン」「スムーズなユーザーインターフェイス」「顔の見えるサイト」を コンセプトに6つのコンテンツを用意してあります。特に、大津線のスタッフが登場してエピソードを語る「o2crew」「o2trains」 「o2stations」の各コーナーは大きな話題を呼ぶことでしょう。また、ゲストトークの「o2talk」コーナーには、さる3月下旬、当フォーラムの主催で「百人一滝展」を実施した詩人・哲学者・美術評論家の篠原資明京都大学大学院教授が出演しています。「百人一滝展」についても語っており、見逃せない内容です。

京津文化フォーラム82と京阪電鉄が情熱を込めて作った「keihan-o2.com」にどうぞご期待くださいませ。URLはhttp://www.keihan-o2.com/です。

篠原資明 百人一滝展 開催のお知らせ

2004-03-20 0:00 活動記録


特定非営利活動法人京津文化フォーラム82では、きたる2004年3月20(土・祝)・21(日)・27(土)・28(日)の各日(計4日間)にわたって、篠原資明 百人一滝展を開催いたします。時間は13:30~18:30です。多数様のご来場をお待ちしております。

大津線感謝祭へのご来場ありがとうございました

2003-10-20 0:00 活動記録


NPO法人京津文化フォーラム82ではさる10月19日、京阪電鉄の主催による大津線感謝祭におきまして、前照灯や警笛、車内灯を復活させた82号車の特別公開を実施いたしました。車内では小池滋・徳大寺モナ恒の両巨匠のトークライヴを行ったほか、フォーラム82や80形に関連する映像・記事・写真などを展示し、ご好評を賜りました。また、鉄道模型レイアウト運転コーナーの運営に協力させていただき、1000名以上のお客さまをお迎えして無事に終了させることができました。多くのお客さまに82号車との再開のひとときをお愉しみいただけたかと思います。ご来場、誠にありがとうございました。

次回の公開は来春を予定しております。今後とも、鉄道車輌「保活」の可能性を模索する京津文化フォーラム82の挑戦にあたたかいご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

作間敏宏展[Passage]終了のお知らせ

2003-08-28 0:00 活動記録


2003年8月22日から6日間、無事に公開することが出来ました。多数様のご来場ありがとうございます。

鉄道保存車輌と現代美術を融合させるかつてない試みでしたが、皆様に新鮮な感動を呼び起こすことが出来たのではないかと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

公開プレゼンテーションのお知らせ

2003-07-27 0:00 活動記録


きたる7月27日日曜日、滋賀県立県民交流センター”ピアザ淡海”のピアザホール(石山坂本線・石場駅下車徒歩5分)において、公開プレゼンテーションを行います。時間は15:30~15:45です。82号の保存先、今後の公開コンテンツ、第1回公開の日時についての発表を行います。どなたでもごらんになれます。

ご一緒に、82号とフォーラム82の門出を祝いにいらしてください。

公開プレゼンテーション資料動画

京阪80形の保存を実現するプロジェクトからのお礼

活動記録


forum82.comへのご訪問ありがとうございます。webサイトはリニューアル中です。7月27日に公開しますが、それまでにニュースがあり次第、逐次お知らせします。

京阪80形・82号車は大津市内の企業敷地内で保管されることになりました。多大なご協力を賜った京阪電気鉄道株式会社をはじめ、お世話になりました企業、応援してくださった市民団体や鉄道愛好家の皆様に心から感謝いたします。

目的の達成に伴い、プロジェクトは解散し、NPO法人京津文化フォーラム82として生まれ変わります。現在、夏の第1回公開に向けて各種の準備を行っています。